お知らせ

2020.10.15

  • ResorTechに関する活動紹介
  • コラム記事

「その仕事は沖縄で」沖縄でのワーケーションを提案します(内閣府沖縄総合事務局)

ResorTech Okinawaは、リゾート地沖縄を支えるあらゆる産業とテクノロジーが結びつき、訪れる人々、働く人々、暮らす人々、誰もが快適に過ごすことができる持続可能な社会を目指しております。

新型コロナウイルスへの対応としてのテレワーク・ワーケーションは、人々が快適に、安心安全に働ける環境を提供することで、事業継続性の確保や、生産性の向上、ワークライフ・バランスの実現等に資するテクノロジーであり、沖縄でのワーケーションは「ResorTech」そのものです。

「沖縄でのワーケーション」について、内閣府沖縄総合事務局からお知らせがございますので、皆様是非ご覧ください。


新しい旅行や働き方のスタイルとして、政府も普及に取り組み始めたことで今注目を集める「ワーケーション」。

内閣府沖縄総合事務局では、沖縄でのワーケーションを推進しています。

「在宅ワークから気分転換したい」

「でも週末は飛行機代が高くて」

「休みを取っても仕事の進捗が気になって」

「急な会議?家族旅行はキャンセル!」

そんな理由で、自分にとって大切な時間を犠牲にしていませんか?
企業にとっても個人にとっても、ビジネスとプライベートの両立は重要なテーマです。

沖縄では今、ビジネスの中心地以外にも、コワーキングスペースが続々誕生しています。リゾートホテルや商店街、ショッピングモールの中にまで。wifi環境はもちろん、Web会議や防音ルームを備えた施設もあります。

ONのためにOFFを犠牲にする、そういう働き方は、過去のものにしましょう!

早起きして目の前のビーチでジョギング、海が見える専用スペースでリモートワーク、週末はマリンアクティビティを体験。

沖縄で暮らすように過ごす。

そんな沖縄でのワーケーションを実現したい方はこちらへ。

また、「ResroTech Okinawa おきなわ国際IT見本市2020」にて、最新の沖縄テレワーク・ワーケーション情報をご紹介いたします。お楽しみに!